第5回四国テコンドー選手権大会
第7回高知県テコンドー選手権大会 結果


選手宣誓 佐伯大地(愛媛松山クラブ)



一部組手無差別級


優勝 川崎達郎(愛媛松山)
    「なんとか勝ちを拾えました。満足いく動きではありませんでしたが、楽しんで試合できました。」
二位 高田憲利(岡山鏡野)
    「今大会も素晴らしい経験ができました。いろいろな人と話ができ、楽しかったです。
     まだまだ課題があるので頑張ります。妹尾師範代これからもご指導おねがいします。」
三位 高橋佑輔(高知)
    「型で鍛えた蹴美は組手では全く発揮できない未熟者ゆえ、もっとがんばります。」

一部蹴武型


優勝 高橋佑輔(高知)
    「全力を出し切り、また課題がみつかりました。
     少しずつでも前進できるようにまた頑張ります。」
二位 古屋哲(高知)
    「一戦二戦ともに接戦で、なんとか決勝に残れてうれしかったです。
     決勝は楽しんで型を演じました。」
三位 森山賢治郎(岡山)
    「久しぶりに入賞することができ、うれしく思います。
     練習を欠かさずに次の試合に向けて精進します!」

二部男性無差別級


優勝 北川遼一(高知工科大)
    「練習の成果をだせてうれしく思います。
     課題も見つかったので、さらに練習を重ねていきます。」
二位 佐伯洋一(愛媛松山)
    「大会に出場できてとても楽しかったです。勝ち負けに関係なく、
     対戦相手をしてくださった方に力をもらえました。ありがとうございました。」
三位 河合泰典(岡山鏡野)
    「スタミナ切れをしてしまいましたが、冷静に組手をすることができたと思います。
     多くの課題を見つけることができ、有意義な試合ができました。ありがとうございました。」

二部女性組手無差別級


優勝 坂東智慧美(岡山大学)
    「今回の大会で自分の課題がたくさんみつかったのでもっと自分のやりたい動き
     ができるように、数をこなしていきたいです。」

二部蹴武型


優勝 河合泰典(岡山鏡野)
    「集中力を高く保つことができ、自分の型をすることが出来ました。
     今後さらに質を高めていけるよう精進したいと思います。」
二位 高崎航平(高知工科大)
    「今回準優勝できたのですが、優勝できなかったのはとても悔しいです。
     今度は一部の型でも戦っていけるよう型も覚えていき、精進していきたいと思います。」
三位 佐伯大地(愛媛松山)
    「すばらしいライバルたちとこれからどんどん上達していきたいです。次もがんばります。」

三部組手無差別級


優勝 竹井龍瑠(岡山)
    「中学最後の試合で大学生や大人に勝って優勝したことは、とても嬉しかったです。
     しかし、この勝利は一人の力ではなく、ここまで支えてくれた人に感謝して、
     これからも全日本を目指して日々稽古して励みたいです。
二位 山脇浩司(高知香南)
    「大変楽しかったです。課題もみつかりました。次もがんばります。
     朝比奈先生、古谷先生ありがとうございます。」
三位 岡本哲周(高知香南)
    「今回入賞できまいしたが、それ以上に若い選手から我々シニア選手まで幅広い年齢層により大いに盛り上がった
     この高知県大会に参加できたことをうれしく思います。」

四部中学生組手


優勝 深見修史(高知香南)
    「体格の差もあり、勝つのは難しいと思いましたが、先生方やセコンドの方達の応援やアドバイスで、
     最後まで諦めずに戦って、勝つことができました。本当にありがとうございました。
     これからも技を磨いて精進したいと思います。」